旬の便り

2017.10.02

お知らせ

日本料理「十一口(といろ)」の新しい季節メニューのご紹介

10月に入り、一段と涼しくなってきました。
少しずつ秋も深まりはじめている感覚を肌や食材で感じている、今日このごろです。
今日は、秋に向けて考案した新しい季節メニューのご紹介をいたします。

-------------------------------------------------------------
●十一口の炊き込みご飯「零余子ご飯」

零余子(むかご)は、夏の終わりから秋にかけて採れはじめます。
長芋や自然薯などのヤマノイモ属の蔓になる肉芽の事で、蔓の葉の付け根辺りに沢山付き、地下の芋同様貴重な山の幸として食用になります。
ただ、量がそれほど採れないため、今ではポピュラーな食材ではないですが、昔から親しまれてきた食材です。
ホクホクとした食感のムカゴがとても美味しいです。
ぜひ、この機会に皆様に味わっていただきたい一品です。

※季節の炊き込みご飯は、温泉湯どうふ雑炊(通年メニュー)かをお選び頂けます。
※当館のお料理は、全て料理長の手作りでご用意いたしております。
※メニューによっては、白ご飯の場合もございます。
------------------------------------------------------------

十一口の炊き込みご飯「零余子ご飯」
十一口の炊き込みご飯「零余子ご飯」
通年メニューの温泉湯どうふ雑炊
通年メニューの温泉湯どうふ雑炊

bn_pagetop